ストレスが更年期障害の症状を更に悪化させてしまう

分泌量の測定が大切です

考える女性

不眠症の治療が人気です

人は、どのような人であっても、一定の年齢を超えると必ず老化が起こります。とくに女性の場合には、40代後半くらいから、徐々に閉経を迎える人が増え始めるのです。女性が閉経を迎えると、急激なホルモンバランスの変化が生じます。急激なホルモンバランスの変化は、同時に急激な体調の変化を起こし易いのです。こうした女性の閉経に伴う体調の変化を、更年期障害と呼んでいます。ところが男性にも、女性ほど急激ではありませんが、ホルモンバランスの変化は生じます。そのため男性においても、更年期障害は存在するのです。そうした男性の更年期障害によって、不眠症が発生することがあります。したがって、男性の更年期障害による不眠症の治療は、人気があるのです。

改善が期待できます

不眠症の治療は、一般的に心療内科が担当しています。そして普通の不眠症の場合には、睡眠導入剤などを用いて、治療が実施されるのです。しかし、更年期障害による不眠症は、ホルモンバランスの変化が原因になっています。ホルモンバランスが原因であるということは、睡眠導入剤だけでは、十分な効果が得られません。そこで心療内科では、ホルモンの分泌量を測定して、結果が悪ければホルモン補充療法を行います。ホルモン補充療法を行うと、原因となるホルモンバランスの変化が改善されます。ホルモンバランスが改善されると、男性の更年期障害による不眠症も、改善が期待できるのです。したがって、中高年の不眠症は、男性女性にかかわらずホルモンの分泌量の測定をすることが大切です。

Copyright © 2016 ストレスが更年期障害の症状を更に悪化させてしまう All Rights Reserved.