ストレスが更年期障害の症状を更に悪化させてしまう

婦人科で相談しましょう

困る女性

様々な症状が特徴です

特に理由もなくイライラしたりしつこい頭痛や顔のほてりなどが続く場合は、更年期障害の可能性を考え病院に行くようにしましょう。更年期障害とは主に中高年以上の女性に見られる症状で、精神的に不安定になったり様々な身体的不調が続く点が特徴となっています。更年期障害の原因は加齢などで女性ホルモンの産出が減少することによります。急激な女性ホルモンの減少による変化に体が対応できず、様々な症状がみられるようになるのです。更年期障害の症状は体が徐々に女性ホルモンの減少に対応できるようになると、しだいに症状が治まってくるようになります。そのため安静にしていれば自然に治ることが多いのですが、いつまでたっても症状が続く場合には医療機関で治療を行う必要があります。

様々な治療法があります

更年期障害の治療は婦人科で行っています。婦人科では血液検査や問診などを通じて症状の確定を行っています。更年期障害では様々な症状が現れることが普通ですので、疑問に感じることや不安に思っていることがある場合には遠慮せず医師に相談するようにしましょう。検査や問診の結果、更年期障害であることが確定した場合にはホルモン補充療法などの治療を行います。ホルモン補充療法のほかには漢方薬を使用した治療や低用量ピルなどを使用した治療法も用意されています。ホルモン補充療法に不安を感じる場合には、このような治療法を医師と相談したうえで選ぶとよいでしょう。更年期障害の症状で悩んでいる方は一人で悩んだりせず、できるだけ早めに婦人科で相談するようにしましょう。

Copyright © 2016 ストレスが更年期障害の症状を更に悪化させてしまう All Rights Reserved.